洛带古镇 トップ 洛帯簡介


洛帯の古鎮観光地は“中国国際桃の花祭り”の主催地である成都市龍泉驛区に位置して西の方は成都市市内まで18キロで、南のほうは国家レベルの成都経済技術開発区まで11キロ、成渝高速道路の陽光シティ入り口まで3キロ、双竜国際空港まで43キロで、北のほうは洪安汽車駅まで6キロで地理的に恵まれている。成洛路、成環路は東西南北全鎮を貫く。成趙自動車道路、成洪自動車道路、洛黄自動車道路の合流点にもなる。気候は亜熱帯モンスーン気候に属し、年間平均気温は16-17℃である。冬寒くなく夏暑くなく、すみやすくてアメニティな所である。水も空気もハイクオリティで一年中観光に向いている。成都市の“二重”経済圏に属し、四川省が全力で作り上げている“二湖一山”観光区の重要観光地、国家AAAA級の旅行観光地、全国での一番最初の重点小鎮、成都市重点保護鎮、成都文化旅行発展優先鎮、国家レベルの歴史文化古鎮、国家文化産業モデル基地、中国民間文化芸術の郷、全国“億万農民アスレチックトレーニング先進鎮”である。洛帯は中国西部で最大かつ唯一な客家古鎮である。鎮内の人は85%以上客家人である。ここは客家の集り所としてはモデルになっている。このため洛帯は“世界の洛帯、永遠の客家”と呼ばれて世界客属第20回懇親大会の中心分会場として世界の客家文化の地位を立てた。古鎮の旅行文化資源は豊かで旅行事業も速いスピードで発展している。古い通りの客家文化区と金龍湖及び宝勝客家生態村とは持ちつ持たれつで更によくなっていて“歴史に入りー自然に戻りー山水体験”の文化生態の旅行構えが現れている。


洛帯は三国時代ですでに“万福街”という通りがあったそうで、それから、諸葛孔明が街づくりにして、“万景街”に名前を変えた。

洛帯はもともと“落帯”と呼ばれていた。この名づけは二つ由来がある。言い伝えによりある日皇帝劉備玄徳の太子である劉禅(阿斗)がここに遊びに来て、鯉を捕まえるとき、うっかり腰に巻いた玉帯を「八角井」という井戸に落としてしまった。それで“落帯”という名前を取った。二番目の由来はここに“玉帯のような滝”のある川があったからだ。後にだんだん「洛帯」に簡単化され変わった。

“洛帯”という名前は最初現れたのは唐末五代人杜光庭の《神仙感遇記》で書かれている“成都洛帯の人牟羽”である。ここから“洛帯”の名が唐末の前にあったということがわかった。北宋皇祜年间(1049—1054)の《聖母堂記》にすでに“洛帯”を鎮と呼ばれていた。北宋熙寧7年(1074)張溥の《靈泉県瑞応院雨乞い記》に“府の県は靈泉であり、県の鎮は洛帯である”と書かれていた。北宋元豊年间(1078—1085)に編集されていた全国的な地理誌《元豊九域誌》(巻七)に成都府靈泉県所轄“一十五郷、洛帯、王店、小東陽三つの鎮”を明確に記載されていた。洛帯は宋初にすで地区的な集りの鎮になっていて正真正銘の“千年の古鎮”である。

洛帯古鎮は成都付近でもっともきれいに保存されている客家客家で中国西部客家の第1鎮と称えている。旅行の資源が豊富で文化の深さもある。洛帯の観光区の主なポイントは、洛帯古鎮核心保存区と金龍湖及び宝勝客家村の三つの部分である。鎮内の千年通り、客家民居はきれいに保存されている。古い通りは“一つ通りで路地が七つあり”という構造で、空間の変化は実に多い。通りの両側にいろいろな店が並んで古典的な明清時代の建築の特徴である。“1街”は上街と下街からなって広さは8メートルで、長さは1200メートルがあり、東が高く西が低くて石の板で象嵌されている。この通りを縦横に交錯しているのは北路地、鳳儀路地、槐樹路地、江西会館路地、柴市路地、馬槽堰路地と糠市路地の“七つの路地”である。鎮内でもっとも有名なのは広東会館、江西会館、湖広会館、川北会館を含めている四大会館、客家博物館と客家公園など国家レベル重点文物保護単位であり、これらはわが国の古代建築の“大観園”の中の不思議なもので面積は20000平方キロメートルに達した。洛帯会館は一つ濃縮した客家の移住史である。客家会館の建築風格は典型な明清建築式で各殿内の丸い木は弓を支えて芝居の場面を彫って、巻き棚天井の中棚と屋根などにべて各式の竜鳳の花鳥や芝居の人物などが彫刻されている。造型は本物そっくりで、彫刻技術が優れ、豪華で上品に造られていてきわめて高い芸術の称賛の価値がある。風火壁はれんがで築かれ、半円形の巨大な壁で、高い底は不揃いで、連なっている上がり下がり、2本の蒼竜が空中に舞い上がるようになっている。洛帯会館は歴史、建築、文化、科学の価値も持っている。金龍湖風景区は春の花と秋の実、鳥のさえずりと花の香りがあり、寺の中は朝に鐘夜に鼓、湖面は青く波打つ。本物と区別できないぐらいの金竜の古代模造の長城と、線香の盛んな金竜の寺と古い岩の造像などがある。宝勝原生態客家村は生態農業の発展と観光ビジネスを巧みに組み合わせ、洛帯の客家生態文化観光地になって、“成都のバックガーデン”と誉められている。

返回顶部